でこまわし

三好市祖谷地方で昔から食べられていた料理です。ごうしゅういも、そば団子、岩豆腐、丸コンニャクなどを串に刺します。囲炉裏で焦げないように串を回しながら焼く様子が,伝統芸能の人形浄瑠璃の木偶(でこ)人形の頭を回しているように見えるので「でこまわし」と言われるようになりました。
 でこまわしは、主食の米がとても貴重だった山間部の農村から生み出されたアイデア料理でした。 







参考資料「徳島県の郷土料理指導資料集&実践報告書」