郷土料理「阿波ういろ」

皆さん、おなじみの「阿波ういろ」です。
 阿波ういろの材料は、上用粉(うるち米を粉にしたもの)やもち米粉、生あん(小豆をゆでて粉にし、さらして、脱水したもの)、砂糖、食塩、水などです。独特のもっちりとした食感と小豆の深い味が特徴です。
 種類には鳴門の塩を用いた「鳴門の塩ういろ」や鳴門金時を使った「鳴門金時芋ういろ」や栗を用いた「栗ういろ」、棒状に加工した「棒ういろ」などがあります。
 寛政年間(1789年~1800年)にサトウキビ栽培が阿波(徳島県)に伝わり、それをもとに和三盆糖ができました。そのお祝いに、3月3日の節句に徳島藩主はじめ領民一同が,旧暦の3月3日の節句の時に食べたのが始まりと言われています。
 これが習慣となって、節句の日には,各家庭でういろを作り、遊山箱の一番上の段に入れて、お出かけをしたそうです。遊山箱も徳島ならではの工芸品です。家で作ることが少なくなりましたが、お店ではよく見かけます。休みの日に「ういろ作り」に挑戦したいと思います。また、総合的な学習や地域の食育の会などで、作っているところもあるようです。

 

 

 

 

  

参考資料「徳島県の郷土料理指導資料集&実実報書」