郷土料理「おでんぶ」

「おでんぶ」は、「れんぶ」「でんぶ」など地域によって,呼び方が違う場合があります。名前を知らなくても、写真を見て食べたことがあると思っている人もいることでしょう。
 「おでんぶ」は、正月のおせちや新築の棟上げ式などのお祝いの膳で作られてきた徳島県の郷土料理です。材料は,高野豆腐、コンニャク、レンコン、ニンジン、ダイコン、金時豆などで、昆布と煮干しのダシで煮ます。おでんぶは、日持ちさせるために梅干しを入れるのが特徴です。梅干しのかすかな酸味が、さわやかな味を作り出しています。
 おせち料理として食べるときは,黒豆を使う家庭もあります。黒豆を使うときは、甘辛く味をつけます。昔は、砂糖が手に入らなく貴重なものだったので、甘い味付けはごちそうだったようです。







参考資料「徳島県の郷土料理指導資料&実践報告書」