郷土料理「かきまぜ」(ちらし寿司)

 徳島県では、ちらし寿司のことを「かきまぜ」と言います。ところによって、「おすもじ」とか「まぜくり」と言うところもあります。徳島県はお米が多くとれなかったので、お祭りやお節句などお祝いをする日には、たくさんの具を入れて、かさを増やした「かきまぜ」を作っていたようです。
 「かきまぜ」に入れる具は、海に近いところでは,ひじきなど海でとれるものが入っています。山に近いところは,山菜など山でとれるものが,多く入ります。このように、それぞれの地域でとれる旬の食材を具として入れたようです。
 また、金時豆が入っているのが,徳島県の特徴です。昔は砂糖など甘い物が貴重だったので、甘い金時豆を入れることがご馳走になったのでしょうね。
 酢飯に使う酢は、それぞれの地域でとれる「すだち」や「ゆず」などが使われました。県南では、焼いた魚や生魚をほぐしたものを酢に入れたものを使っているそうです。「かきまぜ」は地域によって、いろいろと変化していることがわかります。

 





参考資料「徳島県の郷土料理指導資料&実践報告書」