ずきがし

 「ずきがし」は、徳島の郷土料理です。サトイモの茎は、阿波弁で「ずき」と呼ばれています。「がし」は阿波弁で浸すという意味があります。つまり、「ずきがし」は、ずきの皮をむいて水にさらし、油で炒めるか、熱湯でゆでて油揚げなどを加えて甘酢であえたものです。
 ずきは酢を加えると、色鮮やかな紅色に変わります。「ずきがし」は甘酸っぱくて、暑い季節には、さっぱりした味で食が進みます。

 





参考資料「徳島県の郷土料理指導資料集&実践報告書」