そば米汁(そば米雑炊)

 「そば米汁」「そば米雑炊」は、祖谷地方の郷土料理です。お米を作ることができなかった祖谷地方では,昔からそばが作られていました。そばの実を,お米に見立てて雑炊や汁の具にして食べました。そばの実を粉にしないでそのまま食べるのは、全国的にもめずらしいそうです。
 そば米とは、そばの実をゆで、殻をむき、乾燥させたものです。源平の合戦に敗れ、祖谷地方に逃げてきた平家の落人たちが、都をしのんで正月料理に作ったものが「そば米雑炊」の始まりといわれています。昔は野菜や山菜と一緒に煮て作られていたそうです。
 現在は、徳島県全体で食べられるようになりました。学校給食の献立の一つにもなっています。そば米のプチプチ感が独特の食感を生み出しています。







参考資料「徳島県の郷土料理指導資料集&実践報告書」