若竹汁

若竹汁は,春先の新ワカメとタケノコを使ったすまし汁です。若竹の「若」はワカメで、「竹」はタケノコのことです。2種類の新芽を使ったすまし汁は、春を代表するすまし汁で、春の香りを届けてくれます。
 阿南市や小松島市は、県内でも有数のタケノコの産地です。この地方に江戸時代、孟宗竹(もうそうちく)が持ち込まれたのが始まりだと言われています。太く柔らかく、味のよいタケノコとして、食用によく使われています。ワカメは鳴門市が有名ですが、小松島市や阿南市でも養殖されています。
 新ワカメと新タケノコは、古くから相性がよいと言われています。「若竹汁」はまさにその典型だと言えるのではないでしょうか。






参考資料「徳島県の郷土料理指導資料集&実践報告書