「令和2年度を迎えて」

                       公益財団法人徳島県学校給食会
                         理事長     多 田 耕 造

 令和2年度がスタートしました。皆さんの温かいご支援やご協力によって,本会はも公益財団法人として「安心安全な食材の提供」「安定供給」「食育教材の教材の開発と提供」等に力を入れて活動しております。

 このホームページを通して,本会の活動をはじめ,いろいろな情報をお伝えしたいと思っています。
  現在、新型コロナウイルスのため、学校現場や学校給食センターでは、対応に追われています。一番の不安は、新型コロナウイルスが収束する見通しが立たないことです。安心して、4月から学校が再開され、いつものように学習活動や学校給食が開始できることを切に願っています。

 昨年度は「パン屋さんと子どもたちの心の交流」を県内全域で展開しました。また、牛乳の教材を開発しました。

 今年度は、「パンのフードモデル」の完成させ、食育の教材として貸出をしたいと考えています。「牛乳ができるまでのフードモデル」の開発や「牛乳屋さんと子どもたちとの心の交流」も考えています。

 子どもの健康と成長を願い、子どもたちが笑顔で学校生活が送れるよう、美味しい学校給食が提供できるよう、皆さんのご意見をいただきながら,共に歩んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。