母の日(5月14日:第2日曜日)

   母の日は、5月の第2日曜日に、「日頃のお母さんの苦労を労り、お母さんへの感謝を表す日」です。平たく言えば、お母さんにありがとうの気持ちを表す記念日です。カーネーションを贈る習慣は、1907年年(明治40年)5月12日のアメリカでの出来事です。娘のアンナは亡くなった母親をしのび、母親が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもちました。その時、アンナは母親が好きだった白いカーネーションを贈りました。それが、日本やアメリカの母の日の起源となりました。翌年、470人の生徒と母親が教会に集まって「母の日」を祝い、アンナは参加者全員に白いカーネーションを贈りました。このカーネーションが母の日のシンボルとなりました。アンナは「母の日」を作って国中で祝うことを提唱し、1914年(大正3年)、「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められました。