9月19日は「敬老の日」

 「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを意味しています。2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2003年(平成15年)からは9月の第3月曜日になりました。今年は、9月18日が第3月曜日で敬老の日になります。
 敬老の日のはじまりは、1947年(平成22年)に兵庫県の野間谷村の村長さんが9月15日を「おとしよりの日」にして、感謝を伝えたことから始まりました。それが1950年(昭和25年)に兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がっていきました。